介護職員初任者研修の資格を最短で取得する方法

ヘッダー画像

トップ(介護職員初任者研修の資格を最短で取得する方法) >


介護職員初任者研修の資格を最短で取得する方法





介護職員初任者研修の資格を最短で取得する方法

ホームヘルパー2級と呼ばれていた資格は、2013年4月より「介護職員初任者研修」と
いう名称に改められ、この介護職員初任者研修課程が、介護の資格を取得する
最初のステップとなりました。


改められた理由としては、介護職に携わる方々のキャリアパスを、分かりやすく
すること、そして生涯働き続けることができるという展望を持てるようにいう
方針から、このような変更が加えられたようです。


将来的に介護福祉士を目指す場合は、初任者研修を修了し、さらに介護職員実務者
研修を修了することが必要となります
より介護分野でのステップアップがわかりやすく明快になりました。


既にホールヘルパー2級の資格をお持ちの方は、介護職員初任者研修の資格と同等
ですが、これから資格を取得しようという方は、介護職員初任者研修の内容を
スクール等で受講することになります。

上記のように、この介護職員初任者研修は、これから介護職について色々と学んで
いこうという方にとっては、介護職の入り口とも言える資格になります。

また、本格的に介護を学びたいという方にとっても、目指すところは「介護のプロ」
になることだと思います。そのためにも、この資格を取得した後のステップアップも
考慮しながら、しっかりと学べることがとても重要になります。



介護職員初任者研修(ヘルパー)の具体的な仕事の内容について
特に日本は、これから高齢化社会へ突き進んでいきます。夫婦揃ってお元気な家庭は
まだしも、高齢になるにつれて独り暮らしの方はどんどん増えていっているというのが
現状です。しかも、より高齢になるにつれて、お独りで行動することが困難になり、
介護施設を利用したり、介護をしてくれる方々等のお世話が必要になっていきます。

ヘルパーとは、老人ホーム等の介護施設で、食事を始め身の回りのお世話をする方々の
ことを指します。そしてホームヘルパーと呼ばれる方は、このような施設を利用される
方々のご自宅を訪問・滞在し、食事や身の回りのお世話をする滞在型ホームペルパーと、
何軒かの利用者宅を訪問してお世話したり、同時に安否確認を行う巡回型と呼ばれる
ものがあります。